帰宅したい

青山吉能さんを見て溶ける日記

SHIROBAKO秋祭り

行ってきました。以下めんどうなので箇条書き
前日に3ヶ月ぶりに労働をして鬱度を高める準備の良さ。(幸せを感じるのはいつも激萎えの後なので)
駅から思ったより遠くてそれでも9時くらいには着いたのですが物販列を見てミスったかなと思う。
でも無事に欲しかったものは購入。おきにはみゃーもりのキャラスタンドかな。
原画回収ラリーをやる。グランドモールが3階だったから6÷3で1階につき2個かなとかしょうもないことを考えながら歩いていたら一瞬で終わる。
ガラポンをする。2回チャンスがあったけど両方外れ
ドーナツを食べる。どんどんドーナツどーんと行こう!
開会式を見に行く。あんまり見えない。
もうすでにやることがないのでトークの場所である櫓の前でずーっと待つ。協賛者席に近いところですごくよく見えた。
スタッフトークショー→キャストトークショー→スタッフ&キャストトークショーの順で
男性声優を横から見たい人の話とか円盤の売り上げの話とかいろいろ面白かった。
キャストさんの話で自分と演じたキャラの似ているところというテーマがあったのですが、木村さんが自分と宮森さんはあんまり似ていないと言ったときにすごい勢いで周りから否定されてて印象に残っている。みゃーもりみたいな性格なんてすごいと思いました。
ほんでSHIROBAKO音頭。盆踊りは流して佳村はるかさんを見ていた(カス)
その後アニメティックラブレターとプラチナジェットも歌っていただいて最高。世界プラチナジェット大好き委員会。
終わりの挨拶で木村さんが泣いててウルっときてしまった。
全体的に満足度非常に高かったです。無料とは思えないくらい。その分グッズも買えてハッピーハッピーって感じです。
最後に。佳村はるかさん。好き
また好きな人が増えてしまったな
f:id:kitakupoke:20151025204810j:image